仕事内容

安全で快適な線路作りを目指します

 

日本建設は、首都圏のJR東日本及びJR貨物の
「鉄道メンテナンス」工事・改良工事・新線工事等の
軌道工事全般を行っている会社です。

軌道業界は「安全」が最優先であり、
技術力・チーム力を駆使して施工にあたっています。
その結果、鉄道を利用されるお客様に、
乗り心地の良い線路を提供できるよう努力しております。

 

 

仕事内容

Business content


レール交換

レールは列車の車輪と接触しており、少しずつ摩耗したり、傷がついたりします。そのため定期的に交換が必要となります。
レールの長さは基本的に1本25mで、それがつながって線路ができています。
現在はロングレール(200m以上のレール)が主流で、「ガタン、ゴトン」という振動を抑えて乗り心地を良くするだけでなく、騒音が少なくなるメリットもあります。
時には何百mもあるレールを一気に交換する、スケールの大きい作業をしています。


マクラギ交換

マクラギは、はしご状に敷き並べられた木やコンクリートでできていて、軌間を保ち列車の重さや振動を道床に分散させる役目があります。
破損や経年劣化が発生するので、定期的に交換をします。
現在は重機械作業が主流でGr(グリッパー)等を使用し、まるで人の手のように作業を行います。


道床交換

道床はマクラギ下に25センチ程度敷き詰められた砕石のことで、列車の運行により少しずつ劣化するほか、雨風等による影響で、土砂等がまじり、クッションの役目を損なってしまうため、定期的に交換し線路を安定させる必要があります。
道床交換は、軌道を支える土台づくりとして、重要な仕事の一つです。


分岐器交換

分岐器とは線路を2方向へ分けるための装置で、複雑な構造をしているため、交換の難易度は高く、頻度も多くなります。
その中でも分岐器全交換は最大の見せ場で、大きな分岐器を多くの人数(時には数百人規模)でわずか数時間で行います。


軌道整備

列車を安全に走行させるためには、線路を常に良好な状態に保つことが求められます。
線路は日々列車が繰り返し通過することで、少しずつ歪みが生じるため、4TTという重機械を使用したり、人力でタイタンパーという機械を使用し、マクラギ下面の道床をつき固め、歪んだ線路の整正を行っています。
お客さまに安心と快適な乗り心地を提供するために「ミリ」単位の精度での整備が求められます。

 

 

仕事の流れ

Work Flow

日中作業(8:00~16:00)
8:00~8:30
会社に集合し出発前点呼をする
道具の積込みをして現場へ移動
9:00~9:30
現場点呼をして作業開始
※現場責任者の判断で途中休憩(10~15分程度)
12:00~13:00
昼休み
15:00~15:30
作業終了後、各種点検・確認をして終了点呼
(実質 現場作業時間 4~5時間程度)
15:30~16:00
帰社後、道具の片付けをして解散

夜間作業(23:00~4:00)
23:00~23:30
会社に集合し出発前点呼をする
道具の積込みをして現場へ移動
23:30~0:00
現場に到着し現場点呼を行う
※現場の最終列車時刻によって集合時間が前後します
0:00~0:30
最終列車通過確認後、線路閉鎖手続きをして作業開始
3:00~3:30
作業終了後、各種点検・確認をし終了点呼
(実質 現場作業時間 3~4時間程度)
3:30~4:00
帰社後、道具の片付けをして解散
※ 時間割については、現場(最終列車時間・始発列車時間)等により異なります。